ホームページ(Webサイト)の制作にあたって 
(用語ご参照 ホームページ=HP ランディングページ=LP)

◇ お客様よりご要望やイメージをお伺いした後、当事務所よりフレームワーク[設計図(案)]にて全体の構図をお送り致します。 お客様の具体的なイメージを図上でお伺い致します。

◇ クライアント様(お客様)にご用意戴くもの
・サーバー/ドメインの別途ご契約(サーバーのおおよそのご契約手順は動画をご参考)
レンタルサーバー/ドメインを契約するにあたって詳細な個人情報を提供を致します、これは法律上の要件です。その場合[Whois - ドメイン所有者の情報]として公開されます。
しかし取扱会社の代理公開を選ぶことによりその情報は取扱会社の住所などの情報で公開され、通常はこの方法をお選び戴くお客様が多数です。詳しくは各取扱会社にてお申込み時にご確認下さい。
・上記の要件で詳細な個人情報の提供を当事務所にお提供戴ける場合は有料となりますが代行致します。

サーバー申し込み手順から~WordPressインストールまで

◇ 画像 文章 メインとなるカラー(全て後から修正可能)
フレームワークをご参照いただきながらその都度 配置などをご指示下さい、より具体的に表現化される事と存じます。
当事務所の場合、ライブプレビューにてご提供しているためお客様のスマホでもご確認戴けますので修正箇所がある場合はご教示戴けます。

・動的な画像(スライド/GIF)について
有料にてお受けできます。しかし過去相当数のHPを制作するにあたりスライドなどの効果はあまり期待できません。確かに最初に訪れたインパクトはございますが、2回目からは飽きてしまいます。HP内を読み込むにあたり、かえって邪魔になることはお客様もご実感なされているかも知れません。SEO的にも表示速度の面からもマイナスの要件が増えるだけです。
ご自分のご趣味はさて置き、例としてお客様(A)ご自分のネット環境とそのHPをご覧いただける別のお客様(B)は必ずしも同じネット環境ではございません。遅いスピードの時もあればモバイルでの閲覧なども考えられます、その場合 画像の読み込みに時間(負荷)がかかり、かえってストレスを与えてしまう結果にもなりかねません。読む側に「ストレスを与える=SEO 表示順位が落ちる」はGoogleでも要件として囁かれております。逆にYouTubeにアップした動画の再生は負荷が軽減されます、商品の紹介などに大きな良い影響を与えます。
では全く要らないのか?例えば表現力の問題で、季節毎の移り変わりや新商品の紹介などをこマメに入れ替えたり、更新が出来れば大きな効果は望めるはずです。それらを踏まえた上で承ります。

・最後に…私どものポリシーは

サイトを制作する上で、制作費を戴くお客様の満足度を第一と考えております。さらにそのHPサイトをご覧になるお客様(B)の満足度も同じように気を遣う事も同時に実現して参りたいと考えております。 ご納品で終了と思われがちですが、私達は公表した作品をアナリティクスなどで注視して参ります。 訪問曲線は?キーワードでの出現順位はどうか?Descriptionは適切か?内部的なSEO対策はどうか?等です。 ご理解を戴けるとは思いますが、読まれないHPを公表しても無意味だからです。 HPはお金を稼ぎ出すツールです、プロの立場から また、偏見の無い立場より適切なご注進を申し上げて参りたいと存じます。